So-net無料ブログ作成
検索選択

修理してもらったギター [音楽]

【スポンサードリンク】



"お茶の水のアコギショップ" に書いたホーボーズ、行く度に、うぅ欲しいぜぇ~となるギターを見つけてしまったりするけれど、ともサマ(妻)、片付かなくなるから、買うんだったら、今あるの下取りに出して~という条約に、うちではなっていたりもする 涙
この日、ホーボーズに行ったのは、買うためでなく、修理のためなのであった。
修理してもらったのはこの子。

DSC04293_2.jpg


もちろん、買ったのは、ホーボーズだけれど、今のお店に引越しする前だったな。
チェコ製 "Furch" (フォルヒ) というメーカーのもので、モデル名 G23-CRCTという。
フォルヒも、日本に来だした頃は、アコギ好きな人から、ええっ? こんな値段でこんなにいい音が出るの?? *_* なんてあまりのコスパにびっくりされていたけれど (私もびっくりした人間のひとり) 、だいぶ日本でも普及した感じかな。
Sting (Police) 氏も使っているとか。
アコギがお好きな方だったら恐らく見ているであろう、 新岡大先生という方がやられている "新岡ギター教室WEB" というHPでも、フォルヒは絶賛されている...というか、私、フォルヒを知ったのって、実は、この新岡先生のHPだったりもするのだけれど。
ちなみに、日本の窓口は、愛知県にある "Studio-M" というギター屋らしい。

"ぱぱちんて こんなひと" にも書いたように、私、チェコ行ったことがあったりする。
料理がビールに合う感じでおいしかったな~。ガラス細工なんかもキレイだったっけ。
でも、残念ながら、チェコに行った時は、こんなギターがチェコで作られているとは知らなかった *_*

この子、いくつか、萌えポイントあるわけだけれど、まず、クラシックギターは、大体、表板がシダー(杉) なのに対し、アコースティックギターは、スプルース (松) 。それが、このG23-CRCTは、アコギなのに、シダーなのですな。なので、ご覧のとおり、見た目、ちょっと渋い感じがするし、音もどちらかというと女性的な優しい音だったりもする。ちなみに、フォルヒには、スプルースなラインアップもある。でも、いかにもフォルヒらしいのは、シダーのモデルかな。
エレキみたく、ハイフレットにカッタウェイが入ってるのも、なんだかイマドキっぽい。
それから、アコギって、普通はネックの幅が43mmなのが、44.5mmなんて、少し広めのモデルも少なくなくて、フォルヒは、レギュラーだと44.5mmなんですな。それが、私がもってるこいつは、日本人は案外細ネックが好きな人が多いとかで、ホーボーズが特注して (...て、値段はレギュラーモデルといっしょだけれど) 43mmなのも、弾きやすくていいっす。

欠点は、案外、湿度に弱いことかな~。
夏はネックが反って弾きにくくなったり、音が出なくなったりして、修理に持っていったこと、2度ほどあったりもする。まぁ、韓国生活していた時、家に置きっぱなしにしていたので仕方なかったのだけれど。

イマドキ、ライブする時、アコギでも、生音をマイクで拾うより、エレキみたくpickup付けてやる人も多い。
私、完全ヲタクアコギストで、家でひとりで弾くくらい、そもそも、ライブできるほどうまくないし ^o^;; のだけれど、pickupってどんな感じ? なんて思い、この子には、pickupを装着してしまっていたりもする。
pickupは、ホーボーズでなく、 "サウンドハウス" という、楽器関連なネット通販で買ったけれど、取り付けは、自分でできる自信がなく、ホーボーズに持ち込みでやってもらったのであった。ホーボーズさんお世話になりまくりだな。

DSC04295_2.jpg


サウンドホールを横断している、黒い棒みたいなやつがそう。
Fishmanというメーカーの、レアアースブレンドという機種。
カラオケでも、エコーかかったりすると、なんだか歌がうまくなった気がするでしょう?
アコギも、たまに、アンプ繋いで、エコーかかりめな設定で弾いてみたりすると、おぉぉぉ♡ と、ちょっといい気分になれたりもして。

今は、本当、土日には、ここ (娘2歳8ヵ月) が、

"ぱぱちん、ぱぱちん~ ^o^ "

とニコニコして私のところ寄ってきてくれたりもして (泣くこともあるけど ^o^;;) もう少し大きなお子さんがいる友達の話聞くと、そんなの今だけで、そのうち、ぱぱの相手なんてしてくれなくなるよ~なんて話になったりする。
そんな感じで、週末も、家でも練習できていない今日この頃だけれど、そのうち、ここが遊んでくれなくなったら、また練習する時間もたっぷり取れるようになるかな??




【スポンサードリンク】


nice!(122)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 122

コメント 2

旅爺さん

爺のクラシックギターはもう54年位経ってるので修理しないとね。
でも弾かないから孫にやろうと思ってます。
by 旅爺さん (2016-05-28 17:38) 

kazushi

旅爺さんさま、
そうなのですね。ビンテージですね。
by kazushi (2016-05-28 21:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: