So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2015年12月 |2016年01月 ブログトップ

ペンタトニックスケール [音楽]

【スポンサードリンク】



昨日の夜、帰国して、横浜の自宅で年末年始モードしております。ふぅ。

自己紹介にも書いたけれど、私、高校時代、Beatlesから洋楽に目覚め、また、大人になってから、失われた青春を取り戻すべく!? ギター教室に通っていたです。
そこで、ペンタトニックスケールなるものを習ったわけです。普通の音楽はドレミファソラシ♪の7音階なのに対し、ブルースは、3コードと、5音階から成り立っており、のちのロックだの、ジャズブルースなどなどは、みんな、ブルースが元になっているのだそうです。
で、先生が、実は、ペンタトニックスケールを使っているジャンルは他にもありますとおっしゃって、奏でた曲が、

は~るばる~ きたぜぇ はぁこだてぇ~♪

だったのです *_* えっ、えんか???
そうか~、B.B.Kingだの、Eric Claptonに、アメリカ人が熱狂するのと、北島さぶちゃんに日本人が熱狂するのって、スピリッツはいっしょだったのね~。
韓国や中国の音楽と、日本の音楽が似てるというのは、地理的にも近いし、わからなくもないです。でも、遠く離れた北米大陸の土着の音楽と、日本土着の演歌に共通点があるのって、なんか、不思議な気もしますね。

音楽からちょっと話が離れるけれど、たまにはサンドイッチだの、ハンバーガーだのも悪くないけれど、それが、毎日続くと、日本人たる我々、あ~ 米の飯が食いてぇ~ とかならないですかね? そんな時、旅先で、中華料理の店を発見すると、ほっとした気分になるにつけ、あ~やはり自分はアジア人、アジアな料理が口に合うのね~なんて再認識したり。
それが、昔、ヨーロッパの国の中では、日本から、もっとも遠く離れているはずの、ポルトガルを旅行した時、あんこうのリゾットだの、いわしの塩焼きだの、なんとも、日本人の口に合う料理が多く、あ~地球って丸いんだな~なんて、思った記憶があるです。

人種だの国境だのを超えて人を感動させたり共感させたりするのって、むつかしいのかなと思いつつ、案外、人間の本質って、この地球上、どこに行っても、同じだったりするのかな~、というのが、今日の主題なのでした。

ちなみに、うちの子ども、 "ここ" と呼んでますけれど、本当の名前は "心音 (ここね)" と言います。
ともさま(妻)のぽんぽんにいるのが女の子と判明した時、ともさまと私の間で、 "音" を名前に入れようというのは、コンセンサスでした。
最初は、ドレミファソラシ♪ だから、 "七音" ちゃんとかどう? てな話になって、うん、だったら "なな" ちゃんだね、かわいくていいね^^ とか思っていたけれど、苗字 (韓国でいえば、金とか朴とか、日本ではありふれた苗字なんですけど) と組み合わせると、どーにも、総画数があんまりよろしくないんですな。
で、私、だったら、ペンタトニックスケールで "五音(ごね)" ちゃんとかどう? と提案したけれど、これは、ともさまから、そんな名前にしたら、ゴネそうだからダメ~と、却下 T_T う~む、ひそかに、マイケルジャクソンのバックバンドにいたオリアンティみたいな女の子に育てようと思ったのに~、しくしく。
で、結局、 "心音" になったわけだけれど、 "ここね" "ごね" すこーし近いっ!!
ぱぱちんは、ここを、和製オリアンティにする夢も、まだ、捨ててはいません 笑




【スポンサードリンク】


韓国の生活 日本の生活 [海外&日本]

【スポンサードリンク】



昔、初めてアメリカ行った時は、竜宮城に連れてかれた浦島太郎のごとく感動したです。
だって、家は大きくて快適、道も広くて運転しやすい、スーパーは野球場並みにでかい、モールも楽しい、おいしい中華料理屋なんかも結構ある、人も親切...
あー豊かさってこういうことなんだ、狭苦しい日本 (物理的にだけでなく、人間関係とかも) を抜け出して、留学して、アメリカで暮らしたいな~なんて、ある時期までずっと思っていたです。

でも、リーマンショック後、アメリカに行く機会があって以来、そういうふうには思わなくなったです。
ホテルは、改装されていないのか、なんか、古臭くなってきていて、かつてはキラキラして見えていたモールなんかも、閉店した店も多く、かつてに比べると、なんか、暗い雰囲気。

対して、日本は、本当に住みやすい国になったな~と思います。
マンションは、これでもかってくらい設備が充実しているし、ぐるなびで調べれば、近所のあっちにもこっちにもおいしい店が。それどころか、コンビニで売ってるおにぎりだのシュークリームすら、おいしかったり。街にはゴミひとつ落ちていなくて、清潔。

韓国も、Galaxyは、世界でiPhoneと張り合うくらいだし、broadbandの普及も世界トップレベル。経済力では先進国の仲間入りしていると思いますゎ。
でも、東灘新都市と言われる場所にあるうちのアパートも、いざ来てみると、設備が故障したままだったりするし、コンビニだって、むかしの日本のコンビニみたく、基本まずいもんしか売ってない。街は、結構にゴミが落ちていたり。"生活のしやすさ" という点では、まだまだ、日本が上なのかな~と思います。

そんな韓国だからこそ、経済的にはまだまだ伸びしろがあるわけです。だから、この国の人には、もっともっと金を儲けて、どんどん住みやすい国にしていって欲しい。
対して、日本のマーケットって、飽和状態にまで来てしまっているのかな~と。消費者の観点から言えば、近所においしい店がよりどりみどりなのは嬉しい。でも、飲食店経営者の立場からすれば、まずい店は潰れる、おいしくても高い店は潰れる、も~、安くてうまい、利益が出るギリギリのところで勝負するしかないわけで、こらつらいっすな。折しも、少子高齢化、新たなマーケットなんぞ期待できないわけです。新しくていい店が一軒できれば、従来の店は一軒潰れるしかない。"金儲けのしやすさ" では、ホントにしんどい国。

今の日本、有名大学出て、有名企業入ったって、今の日本の電機メーカーみたく、経営が苦しくて、リストラの憂き目にあうことだってあるわけです。社長になったって、経営が困難なの責任取らされて、株主総会で解任されることだってある。
そうやって景気いい人生は見込めないわけだから、出世とかでなく、逆に、現状維持で、細く長く、定年まで仕事がなくならないように、その範囲で暮らしていけるような人生設計が正解でしょう。

だから、選択肢は、2つしかない。
1つは、贅沢しないで、堅実に、日本で暮らす。生活はしやすいけれど、給料は上がらない。バブリーな感覚は捨て、自己破産しない範囲で暮らす。
1つは、生活環境は多少不便でも、高い給料もらって贅沢したければ、今後の経済成長が見込める国で暮らす。
生活もしやすい、給料も高いなんて、そんな、虫のいい話はないのです。

私のまわりには、単身でこちらに住んでいる日本人の方、結構おられます。もちろん、奥様に仕事があるとか、お子様の学校があるとかの理由があれば、仕方ないと思う。
でも、単に、日本の方が生活が楽だからという理由だけで、旦那さんだけ、給料の高い韓国に住まわせて働かせ、奥様と子どもだけ日本で暮らされているご家族も少なくありません。気持ちわからなくないけれど、旦那さんのことATM扱いして、いっしょに暮らしたいとか思わないのかなあ、愛してないのかなあ、とも思う。切ないですな。

それと、もはや、かつてのような日本経済の成長は見込めないのに、金銭感覚だけバブルの日本人、未だ大勢います。そのうち、リーマンショックのアメリカのように、日本で自己破産する人が急増しないか、心配っすね。
そんな中、ユニクロなんかは、今の時代に合った、うまい商売するなぁ、なんて感心していたりします。

こんなふうに、成長する国がある一方、成長が飽和していく国があるってのが、歴史では繰り返されてきたんだろうな~。 "持続して成長する" ってむつかしいのねきっと。




【スポンサードリンク】


ぱぱちんて こんなひと [自己紹介]

【スポンサードリンク】



まずは自己紹介~。

●名前

かず、ぱぱちん (山羊座、O型)
"かず" は、 "和" でも "一" でもなく、 "数" です。名前にこの字がつくのはちょっとめずらしい?
お勉強のできる子になりますように、みたいな両親からのpressureを、子供の頃は、名前書くたびに感じでいたけれど、大人になってからは、この字が名前にあるのは、細木○子と私くらいなもんです、なんて自己紹介できて、ちとおいしいかな~なんて思うことも 笑

●住処

日本での自宅は、横浜市都筑区。
普段は家族と離れ、韓国の京畿道華城市というところで生活。

●家族

ともさま、ままちん (蟹座、A型)
高3の時、ピアノコンクールで全国優勝して、音大に進んだ、実はすごい人。
今は眠れるピアニスト。

ここ (乙女座、?型、2歳)
生まれた時は予定日より早く出てきておちびだったのが、今や元気いっぱいなかわいこちゃん。
英語大好き、いたずら大好き。

●学歴~職歴

長いこと、画像圧縮のアルゴリズムの開発を行っていて、普段は、simulation code動かして、画質を見たり、でもって、特許書いたりしている感じで仕事しています。チャンスがあれば、画像認識もやってみたい。
大学に入った時は、数理系とか情報系っぽい勉強したいなと思っていたのが、教養での成績が超低空飛行で叶わず -_-;; 数値流体力学だの、制御だのの研究室があったので、少しでも近いことやりたいなと思ってメカ系の学科に進む。
修士課程で、非線形有限要素法なる数値解析の研究をしていた時、研究そのものより、simulation結果をgraphicsにしたりする方が楽しくて、マルチメディア系な研究開発の仕事がしたいな~と思うように。留学したくて、アメリカの大学に願書送ってみたけれど、その道での実績がなく、いい返事もらえず、当時つくばにあった、外資系半導体メーカー研究所に就職。
ここでMPEGに出会ったものの、肝心のVideoの仕事は、Source Codeすら見せてもらえず、不満が募り、3年で退職。品川にある某AV家電メーカーに転職。
某AV家電メーカーには、自分の力を示すチャンスをいただいて、ホント、感謝しています。国際規格に特許も入れさせてもらったし、製品にも、自分の考えたアルゴリズムを搭載してもらって、1年間、イリノイ大学にも留学させてもらいました。
でも、長いこと同じ場所で仕事していると、上司や組織と合わないな~、これ以上ここにいても自分に未来はないかな~なんて考え始め、密かに転職活動。
結局、某韓国メーカーに拾ってもらい、現在に至る。

●好きなこと

子ども (ここ) と遊ぶ
今は、何と言っても、これが楽しい!
ずっと一緒に暮らしているわけでないのに、久々に会っても
"あ ぱぱちんだ~!"
なんて言ってくれたり、ぱぱちんの口癖を真似したりで、ホント、かわいいヤツです^^
成長とともに、体力もついてきて、一緒に遊ぶと、すごい運動になる今日この頃 笑

旅行とか、海外とか
仕事や旅行で行ったことのある国:
アメリカ、カナダ、韓国、中国、台湾、香港、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、フィリピン、ベトナム、カンボジア、タイ、イギリス、フランス、ドイツ、スペイン、ポルトガル、スイス、イタリア、オーストリア、チェコ、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、スウェーデン 計27カ国
住んだことのある国:
アメリカ (3ヶ月 + 3ヶ月 + 13ヶ月)
韓国 (1年半位)
一度行ったところに、もう一度行くというよりは、行ったことのない国にもう一度行ってみたいというのが基本ポリシーだったのが、あんまりあちこち行くのが好きでないお方と結婚してしまったので、この点は、つまらないな~と思う今日この頃。
日本国内旅行も好き。沖縄に一度行ってみたい。(まだ行ったことがない)

デジカメ撮影
職業が画像エンジニアな割には、設定がどうのこうのとか、意外と適当で、どっちかというと、技術力より、勘を駆使して撮ってる感じ。ケータイカメラで撮るのも好き。
旅先で風景や街の様子を撮るとか、外食しておいしかったものを撮るとか、近所の桜だの紅葉を撮るとか、そんなのが多いです。今は子どもの写真撮るのも楽しい♪

音楽
両親が、私を、学問にしか興味のないビンボー学者に育てたかったらしく、おべんきょー以外のことは、興味を持たないよう、幼少の頃から、お前は音痴だと言われて育てられたです。で、自分でも、高校生になるまで、本当に、音痴だと思っていた ^^;;
それが、高校生で、Beatlesを入口に、洋楽を聴きだすようになって、あれ? 実は、自分、むしろ、歌が上手いのでは? なんて気づいてしまったり。今でも、カラオケ、結構好き。
今は、洋楽だけでなく、いろんな音楽好きっす。生まれ変わったら、子供の頃から音楽習って、高校の時はバンドやってましたなんて人生送りたいな~。失われた青春を取り戻したいと思い、一時、ギター教室に通っていたけれど、結婚だの子どもの誕生だのあったりして休業状態。いつかまた再開したいなぁ。で、いまどき、押尾コータローみたく、アコギソロで、何でも演奏できてしまうような音楽もあり、友達がいなくても、いっしょにバンドやろうよ~なんて、小心者で、言い出せなくても、ひとりで音楽を楽しめてしまうことを知る 笑
音楽に対するあこがれとコンプレックスから、ピアニストなともさまに初めて会った時、天女のような気がして結婚。結婚式の後、1度だけ、大阪で、ともさまとコンサートしました。自分の憧れを少し叶えてくれたともさまに感謝☆




【スポンサードリンク】


ブログはじめます。 [自己紹介]

【スポンサードリンク】



ブログ、始めることにしました。

今までやってた、ブログだのSNSだのって、まずは、1年間、会社からアメリカに留学した時、まだ、 "ブログ" なんてことばもなかったけれど、初日から帰国するまで、毎日日記書いて、internetで公開して、時々デジカメで撮った画像なんかも載せたりしていたです。で、時々読んだ人から感想もらったり。
それと、mixi日記も、一時はよく書いてたな~。まわりはみんな結婚してシアワセになっているのに、自分は毎日、誰も待たない家に帰って、一体いつまで自分はひとりなんだろう...なんて、愚痴もよく書いてたっけ。
今はFacebook。どっちかというと、netで知り合った人と話すというより、realな知り合いと、 Let's keep in touch的な要素が強くて、思うことを書くというより、実際にあった出来事、旅行行ったとか、飲み会行ったとか、そんなの、デジカメ画像付きで、ちょっと話しているという感じです。

でも、Facebookって、Twitter++くらいな感じなんだよな~。日々いろいろ思うことあるし、Facebookみたく、自分にどんな出来事があったか、でなく、自分の心は何を思ったか、を書いて、みなさまに読んでもらったり、時に感想聞かせてもらったりする場が欲しくなったので、このブログ、始めてみることにしたのです。
社会人として、技術者として、日本人として、ぱぱとして、特にテーマもなく、思うことつらつらと書いていこうと思います。
ちなみに、 "ぱぱちん" は、うちの子が、僕をそう呼ぶので、そんなタイトルにしてみました 笑
たぶん、字ばっかりの予定 笑




【スポンサードリンク】



-|2015年12月 |2016年01月 ブログトップ