So-net無料ブログ作成

杭州出張20161106-18: 週末編~龍井村 [海外&日本]

【スポンサードリンク】



さて、茅家埠を後にして、バスに乗り込み、龍井村 (ロンジン村、Longjing Village) へ向かった。
龍井茶 (ロンジン茶) というの、どこかで耳にしたことがあるかも知れないけれど、その龍井茶の産地がここ。

DSC04980_2.jpg


こんな感じで、お茶を飲ませてくれるところがあちこち。

DSC04981_2.jpg


もちろんこんなふうにお茶を売っているところもあちこち。
ともサマ (妻) 、ロンジン茶買ってきて~なんてFacetimeしたら言っていたけれど、杭州の同僚に言わせると、ロンジン茶の季節は春、今採れたのはそんなに良くないとかで、結局買わなかった。春にまた出張で来い! と言われてしまった 笑

DSC04982_2.jpg


ランチタイムなので、杭州の同僚おススメの店へ。
まずはロンジン茶で一杯。

DSC04984_2.jpg


そして出てきた料理の数々。
家庭料理っぽかったけれど、どれも日本人の口に合う感じだったな。

DSC04990_2.jpg


おなかいっぱ~い!! になった後は、ひたすら歩き。
まずは、龍井茶畑に行ってみた。
日本で言うと、静岡みたいなところ? ばったもんな龍井茶もあるけれど、ここで採れるのが最高級らしい。

DSC05006_2.jpg


来た道を少し戻って、龍井寺へ。

DSC05014_2.jpg


ここの井戸から龍が出てきたのが、"龍井" という地名の由来なのだとか。

DSC05016_2.jpg


歩きながらこんな画像をデジカメでぱちくり。たくさん歩いて運動不足解消にもなったし、マイナスイオンも浴びて、この日、私は、元気になれたに違いない☆

DSC05023_2.jpg


しっかし彼ら元気だな~。
こんな池見ながら、ちょっと休憩。

DSC05028_2.jpg


更にバスに乗り、本日の夕食の場所に連れていってもらったけれど、ちょっと時間が早くて夕方の5時くらい。
なので周りを散策しつつ時間つぶし。

DSC05035_2.jpg


こんなお店も覗いてみたり。
食事の時飲もうぜ! ということで、ここで桂花酒をget。私はお土産用に桂花はちみつもget~。

DSC05036_2.jpg


そうこうしているうちに、お食事ターイム!!

DSC05037_2.jpg


ここは、1980年くらいの雰囲気のお店なんだとか。

DSC05040_2.jpg


そしてこれが出てきた料理の数々。
ひとり旅だと、こんなふうに、たくさん料理頼んで少しずつ食べるとかできないよね。
桂花酒は、梅酒みたく甘くて女性ウケしそうな感じだったな。
ブログには書いていないけれど、到着した当日、歓迎会をしてもらい、紹興酒なんぞ飲ませてもらったけれど、桂花酒の方が私は好きかも。
初日、中国人の同僚と英語で話していて、

"Do you know Chinese yellow wine?"

と言われたのだけれど、 "Chinese yellow wine" ってつまり紹興酒のことだというのが、飲ませてもらうまで分からなかったな。

DSC05050_2.jpg


食後は、バス→徒歩→地下鉄と乗り継いで、宿泊しているCrystal Orange Hotelへ戻ったのであった。
西湖湖畔を歩いている途中に撮った1枚。夜景な西湖もなかなか♪ もっとも、季節によっては、もっとライトアップされていていい感じなのだとか。

DSC05055_2.jpg


自分では、海外慣れも、出張慣れもしていると思っていたけれど、この出張、誰と会ってどんな話するのかも知らされず、入社していきなり行って下さいと言われ、さすがのワタクシも心細かったけれど、入社早々、こうして、すっかりもてなしてもらってしまい、親睦が深まったのでよかった。
またこの会社でがんばらないとな~。




【スポンサードリンク】


杭州出張20161106-18: 週末編~茅家埠 [海外&日本]

【スポンサードリンク】



"杭州出張20161106-18: 週末編~西湖" "杭州出張20161106-18: 週末編~南宋特街と銭塘江" でごいっしょさせていただいた中国人の同僚は、2人とも普段深セン勤務、今回は出張で杭州に来ており、実は、杭州を観て回ったのが初めてだったらしい。
この2人と、スタバでお茶していたところ、杭州勤務な中国人同僚から、WeChat (中国版のLine。 "杭州出張20161106-18: ホテルとか" 参照) が飛んできて、今日はどこ行ったの~? とのこと。
杭州勤務な同僚、西湖もいいけれど、茅家埠 (Maojiabu) とか、龍井村もいいよ~、俺が連れてってやる!! と言い出し、結局、日曜も、中国人同僚たちと杭州巡りをすることになったのであった。

明けて日曜日、深センメンバと私は、Crystal Orange Hotelをタクシーで出発。
30分くらいだったかな。だんだん山奥な感じの道になっていき、茅家埠に到着。

DSC04956_2.jpg


こんな道を歩いていると、杭州の同僚が突然現れた!!

DSC04959_2.jpg


西湖も風光明媚なところだったけれど、有名な観光スポットだし、人が多かった。
それに対し、茅家埠は、知る人ぞ知るみたいな場所なのかな、あまり人も多くなく、静かな感じが良かった。
そもそも、中国と言えば、人が多いのイメージあったけれど、何しろ広い国だし、本当、いろんなところがあるなぁ。
杭州の同僚曰く、茅家埠は、春に来ると、緑がいっぱいで、更にいい感じなのだとか。その頃また出張があるといいなぁ 笑 その時には、今度こそ、一眼レフデジカメを持参せねば ^_-☆

ここからは、茅家埠で撮ったデジカメ画像を一挙紹介~。

DSC04960_2.jpg


DSC04961_2.jpg


DSC04967_2.jpg


DSC04970_2.jpg


DSC04974_2.jpg


DSC04977_2.jpg


DSC04978_2.jpg


ん~。茅家埠でのデジカメ画像は、ホント、全部載せたいくらいだゎ。
杭州での週末の話はまだ続く~。




【スポンサードリンク】


杭州出張20161106-18: 週末編~南宋特街と銭塘江 [海外&日本]

【スポンサードリンク】



更に続く、杭州出張での話、週末編。

西湖からバスに乗り込み、こんな街中に連れてこられた。
しかしバス混んでたなぁ~。この国、やはり、人口が多いのねということを改めて認識させられた。

DSC04922_2.jpg


で、小籠包なお食事Time。
高級店ではないけれど、うまかったな ^Q^

DSC04928_2.jpg


更にタクシーに乗り、南宋御街なるところへ。

DSC04931_2.jpg


会社では仕事の話ばかりだけれど、この日分ったのは、とにかく、中国人、歴史を語るのが好きらしく、杭州は、宋の時代、中国の首都だったんだけれど、宋って知ってるか? なんて話がずーっと続いていた。
彼らと一緒にこれから仕事していくなら、中国語知ってるといいかな~なんて思っていたけれど (もっとも某韓国企業よりは全然英語通じるけれど) 中国の歴史も知ってるといいかも知れない。うむ、教養ってこういうことなのね。
南宋御街、こんな雰囲気。夜に来てみて、更に、雰囲気楽しめたかも。

DSC04937_2.jpg


これは...う~ん、誰だったっけ? 教えてもらったんだけど、忘れてしまった...

DSC04936_2.jpg


歩いている途中、強烈だけれど、これ、以前、台湾行った時もこんなにおいしてた記憶があるな~なんて思ったら、 "臭豆腐" の文字が。あぁ、中国にもあるのね。
クサヤといっしょで、においが強烈でもうまいらしいけれど。でも食べる勇気はないなぁ ^o^;;

ここから地下鉄の乗り込み、江陵路 (Jiangling Road) 駅へ。
ここで今日の観光は終わるのかな~、結構歩いたし疲れたな~なんて思っていたのだけれど、中国の同僚くんたち、パワフルで、ホテルからそんなに遠くないところに、銭塘江 (Qiántáng Jiāng River) というところがあって、そこもいい感じの観光スポットだし、行ってみようぜ!! なる話に。
タクシーで10分くらいかな? こんな雰囲気のいいところにたどり着いた。デートスポットですなこりゃ。
今年は、G20杭州サミットがあったわけだけれど、それで、この辺り、一気に拓けたんだとか。

DSC04950_2.jpg


こんなふうに習字しているおじさんがいたり。

DSC04954_2.jpg


これは何が書いてあるんだろう。昔の詩なのかな?

DSC04952_2.jpg


"杭州出張20161106-18: ホテルとか" にも書いたように、ホテルのすぐ横にはスタバがあったわけだけれど、この後、スタバで夜9時まで話したりもした。
いやぁ~朝から晩までフルコースでがんばりましたゎ。でも天気も良かったし、1日付き合ってくれた深センの同僚たちに謝謝。

だがしかし、杭州出張での週末は、これで終わったわけではなかったのであった。




【スポンサードリンク】


杭州出張20161106-18: 週末編~西湖 [海外&日本]

【スポンサードリンク】



杭州出張の話、続けたいと思う。

この出張、土日がはさまっていたのだけれど、普通、出張って、土日はさんだりしないよな~、会社もホテル代もったいないだろうし... なんて思ったりもしていた。
なので、土日は何しようかなぁ、杭州といえば西湖が観光スポットらしいけれど、どうやって行くのだろう? まぁ、昼まで寝て、どっか買い物でも行くか? なんて思っていた。
それが、深センから、同じく2週間の予定で出張していたメンバが、西湖に連れていってやる! と言い出したので、ええっ!? 週末まで御世話になってしまうなんて申し訳ないなぁ...とも思ったけれど、入社早々、親睦を深めるのにいいかも知れないし、お言葉に甘えさせていただくことにした。

"杭州出張20161106-18: ホテルとか" に書いたとおり、ホテルの最寄駅は、江陵路 (Jiangling Road) で、ここから地下鉄に乗り込み、龍翔橋 (Longxiangqiao) という駅まで行った。地下鉄料金は1人3元だから、50円くらいかな? 横浜市営地下鉄に比べると全然安いなぁ。
地下鉄に乗りながら路線図を眺めていたら "高鉄" という駅名が見えたけれど、どうも、これが、新幹線に相当するもので、上海まで50分で行けるらしい。また杭州に出張することがあって、こんなふうに週末を過ごすことになったら、今度は、上海まで遊びに行こうかなぁ。

龍翔橋駅を降りると、Louis VuittonだのApple Storeだのがあったりで、これまで、ホテルの周りと会社の近くしか知らなかったので、杭州って田舎で大したものはないのかと思っていた ^o^;;
駅から歩くこと10分くらい、湖が見えてきた。

DSC04846_2.jpg


西湖の真ん中には島があるらしく、そこまで、船で行けるとのこと。

DSC04852_2.jpg


せっかくなので船に乗り込むことに。
しっかし、地下鉄は3元なのに、この船は70元。たっかいなぁ >_<

DSC04853_2.jpg


島に上陸して、しばし散策。

DSC04861_2.jpg


こんないい感じの画像が撮影できて、たのしーい♪
今回持ってきていたのは、 "ぱぱちんのデジカメ紹介" でも紹介した、SonyのRX100。ん~こんなことなら一眼レフ持ってくれば良かった!!

DSC04862_2.jpg


DSC04869_2.jpg


DSC04873_2.jpg


更に船に乗り、湖の向こう側へ到着。
ここから湖半周徒歩の旅が始まったのであった。日頃運動不足なわけだけれど ^o^;; ちょうど良かったかな。
途中、ちょっとコーヒー休憩。

DSC04904_2.jpg


更に歩き、バス停の辺りに到着。
ここから、ランチなスポットに向かったのであった。

DSC04921_2.jpg


続く。




【スポンサードリンク】


杭州出張20161106-18: ホテルとか [海外&日本]

【スポンサードリンク】



"社会復帰しております" にも書いたように、11月1日から新しい会社で仕事を始めたわけだけれど、1日に入社して、午後、自分の部署に案内されたら、ボスになる方から、いきなり、 "日曜から2週間、出張してくれる?" と言われ、中国の杭州まで行ってきたので、しばらくは、杭州での話をしたいと思う。
まずは、宿泊していたホテルの話など。

2週間、ずっとお世話になったのが、Crystal Orange Hotel (桔子水晶酒店) というところ。空港からタクシーで30分くらいかな。行きは、同僚の方3人といっしょだった。彼ら、2日くらいですぐ深センに移動してしまい、残りの日は日本人ひとり取り残されてしまったけど ^^;;

DSC04839_2.jpg


ロビーはこんな感じ。
フロントでは英語も通じた。

DSC04840_2.jpg


部屋の中こんな感じ。
私の荷物でちょっと散らかっててすみませぬ~。
日本で言うビジネスホテル的な位置づけだと思うけれど、清潔だしひろびろとして良かった。

DSC04817_2.jpg


ホテルの窓からの眺めはこんな感じ。
韓国の東灘新都市も高層アパート多かったけれど、ここ杭州も多いのね~。地震がないから大丈夫という認識なのかな?

DSC05057_2.jpg


朝食はこんな感じ。バイキングではなかった。
正直、2週間も同じで飽きるなぁ...なんて思っていたけれれど、深センから出張していたメンバが同じホテルに宿泊していて、同じ意見、彼らといっしょに会社行くようになってから、朝食も社員食堂で食べるようになった。 (社員が多いので、社員食堂も大きく、種類がいろいろある)

DSC04837_2.jpg


夕食は、歓迎会もしてもらったし、現地メンバと社員食堂で食べたりもしていたけれど、着いた日曜だけ、いっしょに出張だった日本人メンバと、ホテル近くで火鍋なんぞを食べた。なかなかうまし。

DSC04828_2.jpg


DSC04829_2.jpg


iPhoneとか充電したかったし、Macbookなんかも持っていってあって (ちなみに会社の中はNotePC禁止、Macbookはホテルでネット見たりするためだけに持っていった) 一応、変換プラグも持っていったのだけれど、ホテルでは、日本のコンセントが、変換プラグなしで使えた。

あとになって知ったのだけれど、地下鉄1号線の江陵路 (Jiangling Road) という駅が歩いて5分くらい。
ホテルの周りに、コンビニだのごはん食べるところなんかはあってそこそこ便利かな。スタバもあって、英語も通じたし、Visaも使えた。
銀行もすぐ隣にあったけれど、ATMは何やら中国語でさっぱりわからず ^^;; 結局、会社の中のATMは英語表示にも出来て、Visaも使えた。それ分かるまでは、現金がほとんど財布の中になくて、めちゃ心細かった ^^;;

事前にネットで調べたところ、中国ではネットに規制があって、Gmailも、Facebookも、Lineも使えず、VPNを設定しておく必要があるとのことだった。
Line使えなかったら、ともサマ(妻) とも連絡つかないぢゃなーい、なんて思っていたけれど、auのローミングで繋がっている限りではGmailもFacebookもLineも見えていた。ただ、これだと、海外ダブル定額でお金かかっちゃうんだよなぁ、せっかくホテルではWiFi使えるのに...なんてちょっと悩んでしまっていた。
いろいろ試した結果、iPhone用には、VPN Nekoというアプリがラクラクで良かった。MacbookでもVPNの設定試してみたけれど結局うまくいかず >< YouTubeとかは仕方ないのでiPhoneで観ていた。

今回、現地のメンバともお友達になって帰ってきたわけだけれど、日本ではLineが、韓国ではKakao Talkがほぼデフォルトのコミュニケーターなところ、中国ではWeChatというアプリがデフォルトらしい。もちろんネット規制なんか関係ない。私も早速インストールし、現地メンバと連絡が取れるようにした。

中国というと、北京とか、ヒトもクルマも多くて、ゴミゴミした街のイメージあるけれど、杭州は、渋滞もそこまでひどくなく、比較的ゆったりした感じであった。
ベンツとかBMWとか、外車も多く、今や中国の人もみんなお金持ちなのね~ *_* と認識。Amazonに相当する、Alibabaという会社の本社も、ここ杭州にあるらしい。

杭州シリーズはまだまだ続く。




【スポンサードリンク】


都筑区民まつり 20161103 [音楽]

【スポンサードリンク】



前ブログ "社会復帰しております" にも書いたとおり、11月1日から新しい会社での仕事が始まったわけであるが、11月3日は祝日、この日は、"ソフトなウクレレケースをget!" にも書いたとおり、 "ウクレレピクニック 20160731" でごいっしょさせていただいた、Team 168で、都筑区民まつりに出場してきたのであった。
転職早々慌ただしい日々っす (・_・)

PB032204_2.jpg


当日は、まず、いろはに11:30集合、リハをした後、楽器を担いで、会場に向かった。
区民祭りのステージは、センター南、センター北、それと、みなきたウォークの3個所あって、私たちはみなきたウォークに出場。屋台なんかも出ていて、すごい人で、移動が大変だったな。
12:30にはみんな会場に到着してスタンバイ。
ウクレレピクニックの時は、暑かったし、遠かったし、ともサマ(妻) & ここ(娘3歳) は自宅待機だったけれど、今回は、家からも近いし、天気も良かったし、観にきてくれたのであった。それに、ここの、英語幼稚園の友達ご一家も観に来てくれた。

今回は、ウクレレとギターの2曲を演奏。
ウクレレは、となりのトトロ。

都筑区民祭り1.jpg


ギターは、川の流れのように。

都筑区民祭り2.jpg


私は両方に出させていただいた。

その昔、私、Yamahaのギター教室に通っていたことがあって、グループレッスンだったのだけれど、そのグループで発表会に出たことがあった。
しかし、メンバーに、リズムのおかしい人が2人くらいいて、演奏もめちゃめちゃ。うぅむぅ...と思い、結局私は退会、そして、 "久々に師匠のところへ" でも紹介させていただいた岩下潤先生に個人レッスンでお世話になることにしたわけだったりもする。
しかるに、Team 168、中には、今年の9月に初めて楽器を触ったなんてメンバもいるけれど、リズムは比較的合っていて、まぁ、簡単アレンジではあるけれど、アンサンブルを楽しめるのがよい。時に、誰かと合せて演奏するのもいい練習になるというものだ。
ただ、ウクレレピクニックでは、マイクで音を拾って演奏したのがいまいちだったので、今回、各パート1人ずつアンプに繋いで演奏してみたのが、各パートのバランスがよろしくなく、そこが残念だったなぁ。ちなみに、アンプは、会場で予め用意されていたもの。自分たちで用意できればもうちょっといい感じだったかも知れないんだけどなぁ。

ともサマには、今回、動画撮影をお願いしていたのだけれど、割といい感じで撮ってくれた。
↑の画像も、ともサマの撮影した動画から1フレームずつ抜き出したもの。
ここと、"ここ、アンパンマンミュージアムでデート☆" にも書いた、ここの彼氏くん、一番前で観てくれて、彼氏くんに至っては、川の流れのようにの時は、手叩いてくれたりもして、楽しんでくれた模様。
ここの友達のお父さん、自分もギターやろうかななんて思ったらしい。このお父さんが入会したら、私、先生に感謝されてしまうな^_-☆

演奏終了後は、教室に戻り、一旦楽器を置いて、YotsubakoのMuu Muu Dinerでハワイアンな打ち上げ~。
セッティングに悔いが残る感じだったので、若干反省会っぽい打ち上げではあったけれど。

PB032209_2.jpg


私、音楽って、今まで、オタク趣味で、誰に聴かせるでもなく、家で演奏していたのだけれど、今年は、Team 168に引っ張り出してもらい、上級者とか初心者とかに関わらず、こうして、みんなでアンサンブルを楽しむ機会を持たせていただいているのは良かったなと思っている。
また、そのうち、Team 168メンバとアンサンブルする機会はあることでしょう ^o^
いつの日か、ここといっしょに音楽できる日が来るといいなぁ♪




【スポンサードリンク】


社会復帰しております [自己紹介]

【スポンサードリンク】



ブログ、すっかりご無沙汰になってしまったけれど、束の間のフリーター生活を終え、11月1日より、また、会社員しているです。
実は、11月1日に入社早々、来週から2週間出張してくれる? と言われ、しばらく中国の杭州に行っていたりもした。その話は、また、このブログで追々話させていただくことにして。

"ぱぱちんの著書紹介" なんかにも書いているけれど、私の専門はビデオ関係、特に動画像圧縮関係で、以前は、私が長年勤務していた某AV機器メーカーSなど、日本でも、DVD/Blu-rayとか、ビデオカメラとか、TVとか、我々の分野のエンジニアが活躍する場は大いにあったのであった。
それが、日本メーカー、ネット時代に乗り遅れた感があるかなぁ、スマホが台頭してきたりもして、活躍の場が狭くなってきたりもしてきて。
そんな中、某韓国企業にお声をかけていただき、入社したはいいけれど、家族が韓国生活になじめなかったりという問題もあって、悩んでいたところを、今度は、某internet video streaming会社に拾われ、勤務していたのであった。

某internet video streaming会社、自由な勤務で、居心地はよかったっす。それに、これからの時代、人はますますTVを観なくなる一方、ネットで映像を楽しむ人は増えていくのだという点でも、彼らのビジネスの方向、間違ってはいないなという点では納得して入社させていただいていた。
ただ、2つ、問題点を感じていなくもなかった。
1つは、彼らのビジネスが、日本国内に限られていて、世界になかなか進出できていないこと。
もう1つは、ソフトウェアだけだと、参入障壁が低く、他社にもすぐに追いつかれてしまうし、ハードを作ってこそ、参入障壁になるんじゃないかなということ。

それでも、私も、社会人生活が長くなってきて、若さだのポテンシャルだのでなく、実績でしか仕事を選べない年齢になってきているのも事実だし、自分の活躍できる場があって、家族で生活できるなら、そこでがんばるしかないとも思っていた。
しかし、某外資系通信機器メーカーからお声がかかってしまい、いろいろ悩んだけれど、今年2度目の転職 ^o^;; をする決意をしたのであった。

某internet video streaming会社、AV機器メーカー時代の同僚がセクションマネージャーをやっていて、私を引っ張ってくれたという義理なんかもあって、退職もずいぶん揉めたし、その一方で、ともサマ(妻) は、私のこと、外国人と仕事してきた経験もあるのに、そんないい話があるんだったらどうして移らないの? なんて思ってくれていたみたいで、夏にはこの件で夫婦喧嘩になったりもした。

でも、入社してみて言われたのは、今後、ネットを流れる情報のかなりの部分は、ますますビデオになるので、通信機器メーカーにとって、ビデオ関係のsolutionを持つのは極めて重要だと認識しており、関連の開発をしている部署には期待がかかっているとのこと。
この世界には、こんな私なんかでも必要としてくれる場があるわけだし、また、期待に応えられるよう、がんばらないとだ。
それと、半年しかお世話にならなかったけれど、某internet video streaming関係会社でも、いろいろなことを学ばせていただき、感謝している。




【スポンサードリンク】


もう一発近所のパン屋ねた [センター北ご近所]

【スポンサードリンク】



"近所のおいしいパン屋さん" "住宅街にあるパン屋さん" と、過去、2度ほど、近所のお気に入りなパン屋を紹介してきたけれど、今日は、その第三弾で、Yotsubakoの地下1階にある、ベッカライ徳多朗というお店の話。
まずは、入口付近の様子のデジカメ画像をば。

PA302175_2.jpg


こんな感じでおいしそ~なパンが売っていたり^^

PA302173_2.jpg


PA302174_2.jpg


買ったパンは、持ち帰りだけでなく、店内で食べるのも可能。
コーヒーなんかも注文できたりする。
店内、こんな感じで、天井がたかーい。

PA302171_2.jpg


蜂蜜なんかも売っていたり。

PA302182_2.jpg


...て、なんだか、パン屋を画像で紹介みたくなってしまった。
ググってみたところ、Yotsubakoだけでなく、たまプラーザにもあるらしい。
レジオン、コトリ山ベーカリー、ベッカライ徳多朗、3つのパン屋の特徴は、人気のあるものはさっさと売り切れてしまい、夕方あたりに行くと後悔すること、クレジットカードが使えないこと。

それにしても、もう11月、すっかり秋も深まってきましたな~。
家からYotsubakoに行く途中、こんなすすきが見られたり。

PA302167_2.jpg


"(束の間の) 独身最後のひとりのみ" にも、都筑阪急の観覧車のデジカメ画像載せたけれど、こんなふうに、観覧車がオレンジになるのを見るにつけ、毎年秋を感じたりもする。

PA302186_2.jpg


もう少ししたら、このブログにも、イチョウだの紅葉のデジカメ画像も載せられるかなぁ。




【スポンサードリンク】


ともサマ&ここ、人生初の東京ディズニーランドへ 後編 [海外&日本]

【スポンサードリンク】



前篇からの続き。

雨が降ってきて、みんな、入口付近、ワールドバザールに避難してきた模様。なのでこの混雑!!

DSC_0029_2.jpg


"ここ、アンパンマンミュージアムでデート☆" にも登場した、ここ(娘3歳) の美人ママから、ともサマ(妻) が予め情報を仕入れてくれていて、ランチはどこも予約しないとなかなか入れないとのことで、 "れすとらん北斎" という和食の店を予約しておいてくれたのであった。

DSC_0998_2.jpg


予約の時間12:30にだいたいぴったり行って、それでもちょっと待たされ、いざ入店。
平日だというのに、こんな感じで、けっこう混んでいたな~。

DSC_0002_2.jpg


ともサマ&ここは、天ぷら定食を注文。

DSC_0003_2.jpg


私は、うどん定食を注文~。

DSC_0004_2.jpg


天ぷら定食も、うどん定食も、ごはんはおかわり自由。
それに、私は、ソフトドリンクを頼んだのだけれど、これまた、430円で、おかわり自由。
何でもリゾート価格で割高な印象のあるディズニーで、ここは、比較的reasonable priceだなぁ、と思った。

食後は、しばしショッピングを満喫。
傘を持ってこなかったため、私は傘をget。ちょうどいいお土産になったな。

DSC_0024_2.jpg


DSC_0030_2.jpg


ちょっと早めだったけれど、雨が降ってきたし、ホテルの駐車場に戻って、クルマで帰路に着いたのであった。
帰りの首都高、雨の中緊張しながら運転するぱぱちんの後部座席で、ともサマ & ここはスヤスヤ。
2人とも、初ディズニー、満喫してくれたのかな?

実は、私、東京ディズニーシーに行ったことがなく、今回、どちらかというと、シーの方に行ってみたいなと思っていた。
しかし、YouTubeで、ここにランドとシーを見せたところ、どちらかと言うと、静なイメージのあるシーより、動なイメージのあるランドに食い付きが良かったので、ランドに行ってみた。
ただ、実際来てみて、まだ小さいし、乗り物に乗る感じでもなく、見て回って楽しむという感じなので、次回はシーでもいいかな~という気がしている。

それから、感心したのは、ディズニーリゾート、けっして物価は安くないのに、これだけ大勢の人が集まるということは、この非日常な空間に、みんな付加価値を感じているのだと思う。もちろん我々家族も、楽しかった、また来たいと思ったし。
ディズニーって、もうずっと前からあるのに、これだけの長きに渡って人に夢を与え続けているのってすごいなと感心した。
私が長年勤務し某AV機器メーカーも、かつてはそんな存在だったのに、今のように、人に夢を与える製品が作れなくなったのは、一体何が宜しくなかったのかな~...なんて考えさせられたりもした。
束の間のフリーター生活も終わり、11月からはまた、私も、エンジニアな会社員。人に夢を与えられる技術にちょっとでも関わっていきたいな~...と、決意を新たにした次第であった!!




【スポンサードリンク】