So-net無料ブログ作成

レスポールの弦も張り替えました [音楽]

【スポンサードリンク】



"エレキの弦も張り替えました" では、ストラトキャスターとテレキャスターの話を書いたけれど、実は、私、レスポールも持っていたりするんである。
まずは画像を。じゃんっ!!

DSC05320_2.jpg


レスポールは、Epihoneとか、Tokaiとか、廉価版、コピーモデルもいろいろ出ているけれど、いちおう、こいつは、本家Gibson製なのであった。

DSC05318_2.jpg


Gibsonのレスポールと言えば、レッドツェッペリンのジミーペイジなんかが使っていた "Standard" というのが、世間の人がイメージするモデルだと思うし (私もツェッペリン好き) ”Standard" は、楽器屋で見ると、いっくらでもたっか~いのあるし、ビンテージなのもあるけれど、これは "Studio" という、Gibsonにしては安いモデル。
音は、"Standard" とほとんど違わないし、見た目 "Standard" とは違うけれど、これはこれでかっこいいぢゃん! ということで、新宿の新星堂ロックインにて、岩下潤先生のジャグサウンズギタースクールに習いに行っていたころに購入。

しかし、買ったはいいけれど、アコギソロなんてジャンルもあるくらいで、アコギ、ひとりで弾いていても楽しいのに、エレキってバンド演奏しないと楽しくないというのに気付いて以来、ほとんどアコギしか弾かなくなっていたのに加え、レスポール、重いんですな -_-;; よくみんなこんなの肩から掛けて弾いていると思う。
それと、ジミーペイジも、最初はテレキャスターだったとか。太い音出したかったら、レスポールでなくても、テレキャスでもいいのかな? テレキャスあるならレスポール要らないのかな? なんて思ったりもしていた。
そんなこんなで、もう、これ、近々、下取に出そうかなと考えていたところだったのであった。

それが、今年に入り、センター北まつりでは、エレキの演奏に、遅まきながら目覚めた!? ワタクシ。
今度は、Beatles以上に大好きな、Oasisの曲なんぞやろうかなと思っていたところ、いろはの先生、だったらレスポールぢゃないっすか!? とおっしゃり、下取に出すのを思いとどまり、弦の交換をしたのであった。

あー、でも、レスポールに "Fender" とか書いてあるストラップつけたらおかしいよね 笑
ストラップも買ってこなければ。できるだけ肩が痛くならなさそうなヤツ。

Stop the Clocks

Stop the Clocks

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Sony
  • 発売日: 2006/11/21
  • メディア: CD





【スポンサードリンク】