So-net無料ブログ作成

金浦空港 [海外&日本]

【スポンサードリンク】



韓国は、来週、ソルラル(旧正月)で休み。
年度末が2月で、有給使い切るという必要もあり、ちょっと早めで、昨日、木曜夜に一時帰国。
というわけで、今、このブログは、横浜の自宅にて書いております。

ソウルから東京に飛ぶ場合、金浦~羽田と、仁川~成田という手があるわけだけれど、私、横浜の自宅に帰ってくる時は、いつも、金浦からだな~。
仁川って、新しくて、いろんなお店なんかもあるけど、なにせ、広くて、歩きまわるだけでもタイヘン *_* それに、日本だけでなく、欧米に飛ぶフライトもあったりして、いつも、人でごった返しているし。金浦は、国際線、日本と、中国くらいしか飛んでいないみたいで、そんなに混んでないし。
それから、横浜の家、最寄駅がセンター北というところなのが、羽田までバス1本で行けるのもいいっす... と言いながら、昨日の夜は、羽田に着いた時間、すでに、センター北行きの終バスがでてしまっており、仕方なく、羽田→(バス)→新横浜→(地下鉄)→センター北という方法で帰ってきたのだけれど。
ともさま(妻)の実家がある大阪に行く時には、金浦からだと、便数が少ないし、機体も小さかったりするので、仁川→関空という路線で飛び立つことにしている。

と、言っても、韓国の家、東灘(ドンタン)新都市から、仁川空港行きだと、家の目の前からバスが出ているのに、金浦空港に行くには、まず、タクシーとかで、水原キャッスルホテルのバス停まで行き、そこから金浦空港行きのバスに乗らなければならなかったりして、そこがちょっとめんどくさい ・_・
今はもう慣れたけれど、アパートまでタクシー呼ぶのに、韓国語で電話する必要があり、当初は、会社にいる通訳さんに電話してもらっていたりして、初めて自分で電話する時は、キンチョーしたな~。

ともさま(妻) と、ここ(娘、2歳)が韓国に来た時は、空港までは、タクシーで行ったりもしたです。
韓国、日本に比べると、タクシーそんなに高くないので、子どもいるとタクシーがラクでいーっすゎ。荷物も多いしね。もっとも、ソウル周辺て、結構渋滞するし、韓国は、高速道路にバス専用レーンがあったりもするので、バスの方が、却って、空港までスイスイ行けてしまったりもするけれど。

昨日も、いつものルートで、金浦空港までやってきた。
今の会社は、週40時間働けばよい、1日4時間以上働けば良いというルールがあり、今週も、月火といっぱい残業して、その分、この日は、午前中だけで早帰り、家帰って、荷造りして、夕方には、金浦到着~。

DSC03833_2.jpg


空港の混み具合はこんな感じ。
ソルラル前だから、明日とか土曜は混んでそうだけれど、私は1日早く休みモードにしたのと、↑にも書いたとおり、そもそも、金浦の国際線ってそこまで混んでいないので、特に待ち時間もなく、さっさとチェックインできた。

DSC03834_2.jpg


チェックインを済ませたら、大体、いつも、エスカレーター上がったところの韓食堂で、ごはんを食べる。

DSC03841_2.jpg

食べるのは、ここでも、サムゲタン
そして御供はアサヒ。 "華川ヤマメ祭り 20160131" にも書いたように、韓国にも、ポップンジャみたいに、おいしく思える酒もあるけれど、ビールは、CassとかHiteとか、韓国産はどーもおいしくないっす。でも、韓国で、ギネスとかアサヒとか、外国産のビール、安くないんだよなぁ -_-;;

DSC03845_2.jpg


ソウルの街中歩いていると、時々、おもしろい日本語発見したりするけれど、空港でもハケーン。
"乗りなさい" ...って、なんで上から目線なのよ 笑
もっとも、韓国人からしたら、私も、こんな間違い、ちょいちょいしてるんだろうけどね ^o^;;

DSC03842_2.jpg


日本だと、あちこちに神戸屋があるように、韓国は、あちこち "Paris Baguette" というパン屋があるって、ここ、金浦空港にも。チェックインした後は、ここで、コーヒー飲んでることもあるな。

DSC03835_2.jpg


出国手続き済ませ、中に入ったら、飛行機待っている間に、お土産ゲーット。
ともさまから、チョコのリクエスト。自分で食べたいので、韓国海苔も大量に購入。ふっ、荷物が重くなったぜ。

DSC03847_2.jpg


で、この日はANA便で羽田へgo~。
横浜の自宅に着いたら、日付が変わっていて、ここはもう -_-zzz であった。




【スポンサードリンク】


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0