So-net無料ブログ作成

Double Taylor [音楽]

【スポンサードリンク】



ウクレレピクニックとかでもお世話になっているギター&ウクレレ教室 いろはでのひとコマ。
左のが先生のギターで、Taylor 314ceというモデルだと思う。Topがスプルースで、Side&Backはサペリ。
右のが私のギターで、山野楽器カスタム。Topはアディロンダックスプルースで、Side&Backがマホガニー。
私、Collingsというギターを持っていた。音はものすごーく良かったのだけれど、硬くて弾きにくいんだよなぁ。。なんて思っていたりもした。
前の会社、東銀座だったのだけれど、会社帰りにこの山野カスタムを、山野楽器銀座店にて発見。もともと高いモデルなのが、ペグの金属がくすんでいるとかで1年以上売れなかったらしく、超特価で出ており、Collingsを下取りに出せば物々交換でgetできてしまうことが判明。
Taylor、基本、エレアコ仕様で、ES (Expression System) というpickupが入っている。特にこの山野カスタムは、Expression System 2なる、更に改良されたpickupが入っているとのこと。Liveなんかで重宝するし、今や、MartinとかGibsonより人気があるらしい。
しかし、生音がいま一つなんだよなぁ、、というのが、これまでの、私の、Taylorに対する印象。
それが、この山野カスタム、アディロンダックのせいか、生音も心惹かれるものがあったのですな。
そんないきさつもあり、我が家にお持ち帰りさせていただいたわけなのであった。
大きさは、Furchと同じくらいかな。Taylor社の仕様ではGA (Grand Auditorium) というのだそうだ。アコギと言えば、ドレッドノートというサイズが一般的だけれど、日本人には大き過ぎる気がしていて、この大きさ、絶妙にいい感じな気がしている。押尾コータローなんかは背が高いらしく、ドレッドノートが似合うけれど。
都筑区民まつりでも、 "川の流れのように" を弾く時、活躍してもらった ^^

DSC05090_2.jpg


で、最近、 "これ欲しい~" で紹介した、YAMAHA THR5Aも、楽天でgetしてしまい、これまたTHR5Aが2台の図。

DSC05091_2.jpg


実は、12月17日、いろはの発表会があり、私も出場予定。
ウクレレピクニックも、都筑区民まつりも、アンサンブルで、みんなに合わせて弾いたわけで、曲そのものはそんなに難しくなかった。
しかし、今回は、戦場のメリークリスマスを弾く予定。かなーり難しい曲なので、ちゃんと弾き切れるかけっこう不安だったりもするのだけれど、先生が伴奏をしてくれるということで、YAMAHA THR5Aもう一台要るかなと思い、買ったわけなのであった。
先生からは、ギターもDouble Taylorで行きましょうよぉ~なんて言われているけれど、戦メリ、ずっとFurchで練習してきているので、ちょっと悩み中。FurchにもFishmanのRare Earth Blendというpickup付けてあるし。

音楽な趣味ってなんだかんだでお金かかるし、私、長ーい独身生活を送ってきたわけで、やりたいこと散々やってきたでしょ? あとは、仕事と子育てに専念すればいいんじゃない? なんて言われたりもするけれど、仕事以外にも、何かに挑戦するぱぱちんの姿を、ここ (娘3歳) にも見せてあげたいな~なんて思っていたりもする。
今は、家で練習していると、 "ぱぱおしまーい! 遊ぶぅ" と、邪魔される方が多いけれど ^^;; 都筑区民まつりは、ともサマ (妻) 共々観に来てくれたわけで、いつの日か、 "ぱぱかっこいい~" なんて言ってくれると嬉しいなぁ。
(ちなみに、なぜか、最近 "ぱぱちん" でなく "ぱぱ" と言うようになった)




【スポンサードリンク】


nice!(56)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 56

コメント 0

Facebook コメント

トラックバック 0